【オイル派必見】カバーマークのクレンジングミルクは潤いもメイク落ちも抜群なんです

カバーマークのクレンジングミルクといえば、アットコスメのランキングでも上位をキープしているほど有名な商品ですよね。

ミルククレンジングがお肌に優しいイメージはあったのですが、

私はしっかりメイクの日も多いし、メイク落ちならオイルが1番でしょ!
SORA
SORA

と決め込んでもっぱらクレンジングはオイル派でした。

・・・・・そう、カバーマークのクレンジングミルクに出会うまでは。(笑)

長年のオイル派もあっさり寝返らせるほど優秀なクレンジングなのでさっそく紹介していきますね♡

カバーマーク トリートメントクレンジングミルク<商品情報>

 

この投稿をInstagramで見る

 

カバーマーク【公式】さん(@covermark_jp)がシェアした投稿

「ミルククレンジングはオイルに比べて落ちにくい」といったイメージを覆すほどの高いクレンジング力と、ミルククレンジングならではの潤いの両立を実現した大人気商品です。

DATA
商品名⇒カバーマーク トリートメント クレンジング ミルク
内容量⇒200g
価格⇒¥3,000(税抜) 

アラサーになると、メイクの洗い残しはお肌の老化に直結する大問題ですから、絶対避けたいところです。

アラサー・乾燥肌にとってクレンジング力と潤いはどちらも絶対に妥協できないポイントなんですよね。

成分一覧
水 / グリセリン / PEG-7グリセリルココエート / シクロペンタシロキサン / フェニルトリメチコン / エチルヘキサン酸セチル / ミネラルオイル / BG / カルボキシメチルキトサンミリスタミド / ホホバ油 / (アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー / 加水分解水添デンプン / イソステアリン酸ソルビタン / イソヘキサデカン / カルボマー / グリコシルトレハロース / シトルリン / テトライソステアリン酸ソルベス-30 / トリ(ベヘン酸・イソステアリン酸/エイコサン二酸)グリセリル / ポリソルベート60 / アトラスシーダー樹皮油 / オニサルビア油 / オレンジ油 / ニオイテンジクアオイ油 / ノバラ油 / パルマローザ油 / ベルガモット果実油 / レモン果皮油 / ローマカミツレ花油 / メチルパラベン

なんといっても最大のポイントは美容液成分が89%も配合されていること!!※水と保湿成分

中でもカルボキシメチルキトサンミリスタミド(別名:MCキトサン)という成分にはヒアルロン酸の約2倍の保湿力があるので、洗いあがりのお肌はまるでスキンケアをした後のようにしっとりもちもちになるそうです♡

パケ・テクスチャー・香りをチェック!

パッケージはとってもシンプルなデザインです。白くて清潔感があって好みです。

1プッシュでこの量です。

メーカー推奨量は4~5プッシュですが私はいつも大体3プッシュで事足りています。

ミルクといってもサラサラの液体ではなく、ジェルみたいにみずみずしい真っ白なクリームです。

9種類のエッセンシャルオイルをブレンドした柑橘系の香りで、すごくリラックスできるぅ・・・・

かる~い力でもスルスル伸びます。

とてもなめらかになじんでくれるのでクレンジング中は本当に気持ちいいです・・・

メイクの落ち具合をチェック!

メイクの落ち具合を確かめるために、私のコスメの中でも落ちにくいものをいろいろ塗ってみました。

比較のため、マスカラはお湯落ちタイプとウォータープルーフの両方用意しました。

使用コスメ詳細(左から)

オペラ リップティント N
キャンメイク クリームチークティント
ダズルカラット グロスブラック ロング&カールマスカラ
キャンメイク クイックラッシュカーラー
スプリングハート ロングラスティングアイライナー

ワンプッシュのせてみます。

くるくる馴染ませるとあっという間に化粧がとろけるように落ちていきます。

のせるだけで汚れが浮き上がってきてこする必要がないので、肌への負担も少ないです。

さすがにウォータープルーフのマスカラは少し残ってしまいましたが、その他のティントやウォータープルーフのアイライナーはすべて綺麗に落ちました!

ナチュラルメイクはもちろんのこと、ある程度のしっかりメイクまでこれ1本で綺麗さっぱり落としてくれます。

オイルでもここまで綺麗に落とせるものってなかなか無いので、洗浄力はかなり高いといえます。

ただ、カバーマーク公式では濡れた手でも使えると記載がありますが、私が試したところ、手や顔が濡れた状態だと少し洗浄力が落ちる感じがしました。

できれば乾いた状態での使用をおすすめします。

洗いあがりの潤いが凄い

乾燥肌の一番の悩みがここ。

いくらメイク落ちが良くても、必要な皮脂まで流してしまって洗いあがりにお肌がつっぱったり、乾燥がひどくなったりしては使えないですよね・・・

カバーマークのトリートメントクレンジングミルクの凄さは、洗いあがりに1番感じることができるんです。

洗浄力が高いのに、まっっっったくつっぱらないんですよ。

それどころか、むしろお肌が洗う前よりもしっとりしている感じ。

なんというか、汚れが落ちたさっぱり感はあるのに、お肌は潤ってもっちりしてるんですよね。

いつも洗顔後焦って化粧水をつけていた私からしたら、もう感動モノです・・・

メリット・デメリットまとめ

カバーマーク トリートメントクレンジングミルクのメリット・デメリットをまとめてみます。

カバーマーク トリートメントクレンジングミルクのメリット

メリット
オイルクレンジング並みに洗浄力が高い
メイクとの馴染みが早い
洗いあがりはしっとり潤う
濡れた手でも使える
まつエクOK
香りが良く、リラックスできる

洗浄力・保湿力・香りの良さと3拍子揃ってますね。

多くの人がクレンジングに求める内容をほぼ網羅しているんじゃないでしょうか。

カバーマーク トリートメントクレンジングミルクのデメリット

デメリット
価格が少し高め
顔や手が濡れていると少し洗浄力が落ちる

デメリットはやっぱりお値段ですかね。デパコスだけにそれなりのお値段します・・・

ただ、お値段以上の価値はありますよ。

こんな人にオススメ

カバーマーク トリートメントクレンジングミルクがおすすめな人はこんな人です。

乾燥肌の方
ミルククレンジングが気になるけど洗浄力が低いという理由で嫌厭している方
しっとりした洗いあがりが好きな方
お肌にできるだけ負担をかけたくない方
柑橘系の香りで癒されたい方

オイルしか使ったことない方にはぜひ使ってみてほしいです。

まとめ

カバーマークのトリートメントクレンジングミルクは、オイルとミルクのいいとこ取りのクレンジングです。

特に乾燥肌の方にはおすすめです。

参考にしてみてください☆

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です