【近赤外線対策】ビオレUVアスリズムサンプロテクトミルクを使って分かったメリット&デメリット

日差しが強い季節になってきましたね。

今回はビオレの最高クラスUV“アスリズム”シリーズから出たサンプロテクトミルクのレビューです。

紫外線に加えて近赤外線までブロックしてくれるこの商品、めちゃくちゃ気になったので購入したんですが、使ってみると色々感じることがありました。

そのへんも詳しく書きたいと思います♪

近赤外線もブロック!ビオレUVアスリズムサンプロテクトミルク

DATA
★商品名⇒ビオレUVアスリズムサンプロテクトミルク
★内容量⇒60ml
★価格⇒オープン価格

ビオレUVシリーズ史上、最高クラスUV。

SPF50+ PA++++なので、日差しの強い日でも安心。

さらに、高温多湿の環境でも落ちづらく、まるで1枚の皮膚のように密着してくれるので、どんなシーンでも安心して使えます。

そしてこのビオレUVアスリズムサンプロテクトミルクの1番の特徴は、紫外線だけでなく近赤外線までブロックしてくれるということ!!!

 

強い日差しを浴びた時、お肌がじりじりと焼け付くように痛くなることってないですか?

あれが実は近赤外線なんです。

しかも、近赤外線は紫外線より波長が長いため、よりお肌の深部まで届き、お肌にダメージを与えてしまうんだとか・・・

ところが普通の日焼け止めでは残念ながら紫外線は防げてもこの近赤外線はなかなか防げません。

そんな中登場したのが今回のビオレUVアスリズムサンプロテクトミルクです。

紫外線だけでなく、ジリジリ焼けを起こす近赤外線からもお肌を守ってくれるすごい日焼け止めなんです。

価格はオープン価格ですが大体2000円前後で売られていることが多いです。

特徴的なパッケージ

変わった形のパッケージ。手になじんで握りやすい形状になっています。

大きさはわりとコンパクトなので持ち運びしやすいです。

開けるとこんな感じ。

どうしても使っているうちにキャップ周りには液が付くので少し汚れが目立ちます。

使い方

2層タイプなので初めに必ずカチカチと音がするまで良く振ってから使います。

そして少量ずつ肌において伸ばしていきます。


↑動画のほうが分かりやすいですが、とにかくこの日焼け止めは少量ずつのせて伸ばすのが綺麗につけるコツ。

乾くのが早いので一気にのせてしまうとムラになりやすいです。

白くなる?

出した瞬間はこのような黄色っぽい液です。

ちなみに香りはよくある日焼け止めの香りではなくてフローラル系の香りです。

伸ばすと白っぽい色に変化します。

塗り広げた直後は、塗ったところと塗ってないところの境目がハッキリわかるくらい白っぽくなりますが、馴染ませると自然になります。

↑馴染むとこんな感じ。自然とトーンアップした明るいお肌に☆

使用感は?

塗った直後はしっとりしますが馴染むとすぐにサラサラになります。

べたつきもないので暑い日にも使いやすい。

↑水もしっかりはじくので汗をかいても安心(^^)/

ただ、保湿力はあんまりないので乾燥肌の方の顔用としての日常使いはおすすめしません。

私は長時間の外出の時にだけ顔に使っています。

ボディ用としてはかなり使いやすいです。

さいごに肝心の日焼け止め効果についてですが、日焼けしづらくなるのはもちろんのこと、これを塗った日は肌がじりじりと焼ける感じがかなり軽減されました!

炎天下のレジャーなんかには絶対持っていきたいと思いました。

使って分かったメリット・デメリットまとめ

メリット
★紫外線だけでなく近赤外線からもお肌を守れる
★高温多湿の環境にも強い
★サラッとしているので夏場も使いやすい
★握りやすくコンパクトなケースなので持ち運びに便利
★お肌を明るくトーンアップできる
★いつもの洗顔料で落とせる
デメリット
★塗り方にコツがいる
★色付きなので服につくと汚れる
★少し乾燥する

メリット・デメリットありますが、なにより期待していたジリジリ焼け防止の効果が確かに感じられたので、これからもここぞという場面で使っていきたい商品だと思いました。

よかったら参考にしてみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です